Nausicaä of the Valley of the Wind (1984) / 風の谷のナウシカ

『風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は1984年にトップクラフト制作の日本のアニメーション映画で宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画(『風の谷のナウシカ』)を原作とする。宮崎自身が監督・脚本を手がけた。高畑勲・鈴木敏夫・久石譲ら、のちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが顔を揃えている。

 ・ amazon : Nausicaä of the Valley of the Wind (1984) / 風の谷のナウシカ

 ・ Youtube : Nausicaä of the Valley of the Wind (1984) / 風の谷のナウシカ

Nausicaä of the Valley of the Wind (1984) / 風の谷のナウシカのあらすじ

千年前の「火の七日間」と呼ばれる最終戦争により、巨大産業文明は崩壊し、錆とセラミック片におおわれた荒れた大地に「腐海(ふかい)」と呼ばれる有毒の瘴気を発する菌類の森に世界は覆われていた。人類は生き残るが衰退し、腐海が放つ猛毒と、そこに棲む巨大な虫たちに脅かされていたが、辺境にある「風の谷」は、酸の海から吹く風によって森の毒から守られ、のどかな農耕生活を送っていた。族長の娘であるナウシカは、住民から深く敬愛されており、人々から恐れられている腐海の虫とも心を通わせる優しい少女である。

ある夜、大国トルメキアの輸送機が風の谷に墜落する。輸送機には、千年前に世界を焼き尽くしたという巨大人型兵器の「巨神兵(きょしんへい)」の胚が積まれていた。その翌日、この輸送機を探しに来たトルメキア軍が谷を占領する。司令官である皇女クシャナは、巨神兵で腐海を焼き払うことを目論んでいた。クシャナは、本国へ運ぶつもりだった巨神兵の輸送を諦め、未完成の巨神兵を風の谷で完成させることにする。

捕虜となったナウシカはトルメキアに護送されることとなり、輸送機に乗せられて谷を発つ。ナウシカらを乗せた編隊は、突然現れた戦闘機の攻撃により大きな損害を受ける。護衛機がその戦闘機を撃墜するものの、ナウシカが乗る輸送機も被弾し落下する。ナウシカは、積まれていた小型飛行機に乗って輸送機から脱出する。腐海に不時着したナウシカは、敵の戦闘機に乗っていた少年が虫に襲われていることに気づき、少年を助ける。

少年は自分の名はアスベルで、トルメキアと敵対するペジテ市の者だと語った。風の谷にある巨神兵は、このペジテで発掘されたのちにトルメキアが奪ったものだと判明する。少年の仲間たちは、風の谷にある巨神兵を奪還するために王蟲の大群を風の谷に誘導し、風の谷のトルメキア軍を全滅させる計画をもっていた。ナウシカは、王蟲と呼ばれる巨大な虫の群れをおびき出すのに使われていた王蟲の幼生を助け、王蟲の群れの進行を止めて風の谷を守ろうとする。

風の谷では、住民達がトルメキア軍に反旗を翻し、谷から離れた遺跡の中に立て篭もっていた。クシャナは住民達を包囲して総攻撃を掛けようとするが、そこに王蟲の群れが近づいているという知らせが入る。クシャナは未完成の巨神兵を目覚めさせ、巨神兵に放たせたビームによって群れの一部を焼き払うが、未完成だった巨神兵はすぐに体が崩れて死に、王蟲の群れの前進を止めることができない。

地上を前進する王蟲の群れの前方に、王蟲の幼生とともにナウシカが空から降り立つ。ナウシカと幼生は、疾走してくる王蟲に跳ね飛ばされて姿が見えなくなるが、間もなく王蟲の前進が止まり、王蟲の群れはナウシカを囲むようにして動きを止める。倒れているナウシカは死んでいるかのように見えるが、王蟲の触手がナウシカを包むとナウシカが蘇る。その光景は、風の谷に昔から伝わる救世主伝説を具現するかのようであった。クシャナらは呆然とその光景を眺め、住民達はナウシカに走りよって、彼女を抱きしめ歓喜する。

全てが終った後、ナウシカはクシャナに歩み寄る。その後、王蟲の群れとトルメキア軍は風の谷から去り、風の谷には平和な生活が戻る。

  • コメント: 1

関連記事

  1. My Neighbor Totoro (1988) / となりのトトロ

  2. Kiki’s Delivery Service (1989) / 魔女の宅急便

  3. Spirited Away (2001) / 千と千尋の神隠し

  4. Princess Mononoke (1997) / もののけ姫

  5. Ponyo (2008) / 崖の上のポニョ

  6. Howl’s Moving Castle (2004) / ハウルの動く城

    • takaki

    2019/01/04 日本テレビ系放送局で21:00より放映予定。
    http://www.ntv.co.jp/program/detail/21874840.html

  1. この記事へのトラックバックはありません。